本文へスキップ

基本情報技術者 試験対策

基本情報技術者 養成講座

基本情報技術者試験対策コース

基本情報技術者試験対策コース

■経済産業省認定の国家資格「基本情報技術者試験」の合格に必要な、基礎レベル(共通キャリア・スキルフレームワークのレベル2)の知識を習得します。

■試験の出題範囲にあわせて構成されたテキストを利用し、初学者の方が無理なく学習することができます。

■プログラミング言語は試験で選択となる5言語(C、COBOL、CASL2、Java、表計算)より選択可能です(言語は初回の教材到着の到着後に選択)。


●新・情報処理技術者試験に対応

●充実の教材
出題範囲をカバーしたテキストと問題集、実力を客観的に評価できる公開模試で、基本情報技術者試験の合格に必要な力をつけます。
資格の受験指導に実績のあるTAC(株)と提携し開講。TAC(株)の最新教材を使用。

スクール名 学校法人産業能率大学  総合研究所 
標準受講期間 標準学習期間5か月(最大10か月まで添削指導を受けられます。)
添削有無・回数 なし  /  実力テスト5回、公開模試1回
受講料 【入学金】 0円    【受講料】 42,000円    【その他】 0円
送付物 受講ガイド、学習の手引き、テキスト5冊、問題集3冊


基本情報技術者試験とは

1. 対象者像

情報技術全般に関する基本的な知識・技能をもつ者(情報システム開発プロジェクトにおいて、プログラム設計書を作成し、プログラムの開発を行い、単体テストまでの一連のプロセスを担当しているか、将来、そのような業務を担当する者を含む)


2. 役割と業務

情報システム開発プロジェクトにおいて、内部仕様に基づいてプログラムを設計・開発する業務に従事し、次の役割を果たす。

(1) 情報技術全般に関する基礎的な知識を活用し、システム開発プロジェクトの一員として貢献する。

(2) 与えられた内部設計書に基づいて、上位技術者の指導のもとにプログラム設計書を作成する。

(3) 標準的なアルゴリズムやデータ構造に関する知識に基づいて、プログラムを作成する。

(4) 作成したプログラムの単体テストを実施する。


3. 期待する技術水準

情報技術全般に関する基礎的な知識を活用し、情報システム開発においてプログラムの設計・開発を行うとともに、将来高度な技術者を目指す者として、次の知識・技能が要求される。

(1) 情報技術全般に関する基本的な用語・内容を理解している。

(2) 上位技術者の指導のもとにプログラム設計書を作成できる。

(3) プログラミングに必要な論理的思考能力をもつ。

(4) 一つ以上のプログラム言語の仕様を知っており、その言語を使ってプログラムを作成できる。

(5) プログラムのテスト手法を知っており、単体テストを実施できる。


4. 試験形式と試験時間

午前


午後

9:30〜12:00(150分)

13:00〜15:30(150分)

多肢選択式(四肢択一)
80 問出題して 80 問解答

多肢選択式
13 問出題して 7 問解答
プログラム言語は、C・COBOL・アセンブラ言語・Java(平成13年度秋期試験から追加)から選択



5. 試験の手続日程

 

春期

秋期

試験実施日

4月第3日曜日

10月第3日曜日

願書の受付

1月中旬から約1か月間

7月中旬から約1か月間

受験手数料

5,100円(税込み)

合格発表

試験実施の約1か月後 試験実施の約1か月後

リンク集・リンクについて


相互リンク募集中!!

お申し込みはこちらから

LINK1    LINK2    LINK3    LINK4

LINK5    LINK6    LINK7    LINK8

LINK9