本文へスキップ

エンベデッドシステムスペシャリスト試験/基本情報技術者 試験対策

基本情報技術者 養成講座

基本情報技術者試験対策コース

エンベデッドシステムスペシャリスト試験

■対象者像

開発工程を主導 
対象は、組込みシステムに関するハードウェアとソフトウェアの要求仕様に基づき、組込みシステムの開発工程において、開発・実装・テストを実施する業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する立場の者。
(1)組込みシステムを対象とし、機能仕様とリアルタイム性を最適に実現するハードウェアとソフトウェアのトレードオフに基づく機能分担を図り、設計書・仕様書の作成を行う。
(2)組込みシステム開発における各工程の作業を主導的に実施する。
(3)特定の技術・製品分野についての高度で専門的な知識・開発経験を基に、開発する当該分野の専門家から技術上の知識を獲得して、開発の各工程に反映させる。
(4)開発を遂行する上での開発環境を整備し改善する。


■試験内容

最適組込みシステムを実現 
要求される機能、性能、品質、信頼性、セキュリティなどをハードウェアとソフトウェアに適切に分解し、最適な組込みシステムとして実現するための知識・実践能力が要求される。


■詳細情報
受験資格: 特に制限なし
出題範囲: 組込みシステムの設計・構築、組込みシステムのソフトウェア設計、組込みシステムのハードウェア設計など。※多肢選択式、午前T50分・午前II40分。記述式、午後T90分・午後II120分。
申込期間: 1月中旬から1か月
試験日: 4月 第3日曜日予定
試験地: 全国主要都市
受験料: 5,100円
受験者数: 4,807人(平成22年春期)
合格率: 17.8%(平成22年春期)


■問い合わせ先
独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター
住所:〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15階
TEL:03-5978-7600




リンク集・リンクについて