本文へスキップ

応用情報技術者試験/基本情報技術者 試験対策

基本情報技術者 養成講座

基本情報技術者試験対策コース

応用情報技術者試験

■対象者像

システムの設計・開発 
対象は、基本戦略立案またはITソリューション・製品・サービスを実現する業務に従事し、独力で、次のいずれかの役割を果たす立場の者。
(1)需要者(企業経営、社会システム)が直面する課題に対して、情報技術を活用した戦略を立案する。
(2)システムの設計・開発を行い、又は汎用製品の最適組合せ(インテグレーション)によって、信頼性・生産性の高いシステムを構築する。また、その安定的な運用サービスを実現する。


■試験内容

業務・システムの知識・技能 
情報技術を活用した戦略立案、システム設計・開発・運用に関し、知識・技能が要求される。
 
経営戦略・情報戦略の策定に際して、動向や事例の収集、評価に際して差異分析などが行えること、アーキテクチャの設計において、システムに対する要求を整理し要求できることなど。


■詳細情報
受験資格: 特に制限なし
出題範囲: 経営戦略・情報戦略、戦略立案・コンサルティングの技法、システムアーキテクチャ、ITサービスマネジメント、プロジェクトマネジメント、ネットワーク、データベース、組込みシステム開発、情報システム開発、プログラミング、情報セキュリティ、システム監査など。※多肢選択式80問・150分、記述式12問中6問解答・150分。
申込期間: 1月・7月中旬から約1か月
試験日: 4月・10月第3日曜日予定
試験地: 全国主要都市
受験料: 5,100円
受験者数: 43,226人(平成22年秋期)
合格率: 22.9%(平成22年秋期)


■問い合わせ先
独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター
住所:〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15階
TEL:03-5978-7600




リンク集・リンクについて