本文へスキップ

システムアーキテクト試験/基本情報技術者 試験対策

基本情報技術者 養成講座

基本情報技術者試験対策コース

システムアーキテクト試験

■対象者像

設計・開発に主導的役割〔情報システム〕
対象は、情報システム戦略を具体化するための情報システムの構造の設計や、開発に必要となる要件の定義、システム方式の設計及び情報システムを開発する業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する立場の者。
(1)情報システム戦略を具体化するために、全体最適の観点から、対象とする情報システムの構造を設計する。
(2)全体システム化計画及び個別システム化構想・計画を具体化するために、対象とする情報システムの開発に必要となる要件を分析、整理し、取りまとめる。
(3)対象とする情報システムの要件を実現する最適なシステム方式を設計する。
(4)要件及び設計されたシステム方式に基づいて、要求された品質を満足するソフトウェアの設計・開発、テスト、運用及び保守についての検討を行い、対象とする情報システムを開発する。なお、ネットワーク、データベースなどの固有技術については、必要に応じて専門家の支援を受ける。
(5)対象とする情報システム及びその効果を評価する。

〔組込みシステム〕
組込みシステムの要件を調査・分析し、機能仕様を決定し、ハードウェアとソフトウェアの要求仕様を取りまとめる業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する。
(1)組込みシステムの企画・開発計画に基づき、対象とする組込みシステムの機能要件、技術的要件、環境条件、品質要件を調査・分析し、機能仕様を決定する。
(2)機能仕様を実現するハードウェアとソフトウェアの要求仕様をとりまとめる。
(3)汎用的なモジュールの導入の妥当性や開発されたソフトウェア資産の再利用の可能性について方針を策定する。


■試験内容

役割遂行の知識・能力 
システムアーキテクトの業務と役割を遂行するための知識・実践能力が要求される。

〔情報システム〕
(1)情報システム戦略を正しく理解し、業務モデル、情報システム全体体系を検討できる。
(2)各種業務プロセスについての専門知識とシステムに関する知識を有し、双方を活用して、適切なシステムを提案できる。
(3)企業のビジネス活動を抽象化(モデル化)して、情報技術を運用できる形に再構成でできる。など。

〔組込みシステム〕
(1)対象とする組込みシステムが用いられる環境条件や安全性などの品質要件を吟味し、実現すべき機能仕様を決定できる。
(2)対象とする組込みシステムの機能仕様に基づき、ハードウェアとソフトウェアの適切な組合せを設計し、それぞれの要求仕様としてまとめることができる、など。


■詳細情報
受験資格: 特に制限なし
出題範囲: 〔情報システム〕契約・合意、企画・要件定義、開発、運用・保守、関連知識
〔組込みシステム〕機能要件の分析、機能仕様の決定、機能仕様を満足させるハード・ソフトウェアの要求仕様の決定、汎用的モジュールの利用など
申込期間: 7月中旬から1か月間
試験日: 10月 第3日曜日予定
試験地: 全国主要都市
受験料: 5,100円
受験者数: 8,167人(平成22年秋期)
合格率: 12.5%(平成22年秋期)


■問い合わせ先
独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター
住所:〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15階
TEL:03-5978-7600




リンク集・リンクについて