本文へスキップ

システム監査技術者試験/基本情報技術者 試験対策

基本情報技術者 養成講座

基本情報技術者試験対策コース

システム監査技術者試験

■対象者像

情報システムや組込みシステムを監査
対象は、被監査対象から独立した立場で、情報システムや組込みシステムを監査する業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する立場の者。
(1)、情報システムや組込みシステム及びそれらの企画・開発・運用・保守に関する幅広く深い知識に基づいて、情報システムや組込みシステムに関するリスクを分析し、必要なコントロールを理解する。
(2)、情報システムや組込みシステムに関するコントロールを検証または評価することによって、保証を与え、または助言を行い、ITガバナンスの向上やコンプライアンスの確保に寄与する。
(3)、(2)を実践するための監査計画を立案し、監査を実施する。また、監査結果をトップマネジメント及び関係者に報告し、フォローアップする。


■試験内容

改善を促進する知識・技能 
情報システムや組込みシステムが適切かつ健全に活用され、ITガバナンスの向上やコンプライアンスの確保に貢献できるように改善を促進するための知識・実践能力が要求される。
(1)情報システムや組込みシステム及びそれらの企画・開発・運用・保守に関する幅広く深い知識をもち、その目的や機能の実現に関するリスクとコントロールに関する専門知識をもつ。
(2)情報システムや組込みシステムが適用される業務プロセスや、企業戦略のリスクを評価し、それに対するコントロールの問題を洗い出し、問題点を分析・評価するための判断基準を自ら形成できる。
(3)ITガバナンスの向上やコンプライアンスの確保に寄与するために、ビジネス要件や経営方針、情報セキュリティ・個人情報保護・内部統制などに関する関連法令・ガイドライン・契約・内部規定などに合致した監査計画を立案し、それに基づいて監査業務を適切に管理できる。
(4)情報システムや組込みシステムの企画・開発・運用段階において、有効かつ効率的な監査手続きを実施するための監査技法を適時かつ的確に適用できる。
(5)監査結果を事実に基づく論理的な報告書にまとめ、有益で説得力のある改善報告を行い、フォローアップを行うことができる、など。


■詳細情報
受験資格: 特に制限なし
出題範囲: 情報システム・組込みシステム・通信ネットワーク、システム監査全般、システム監査の計画・実施・報告、システム監査関連法規など
申込期間: 1月中旬から1か月
試験日: 4月第3日曜日予定
試験地: 全国主要都市
受験料: 5,100円
受験者数: 3,534人(平成22年春期)
合格率: 14.3%(平成22年春期)


■問い合わせ先
独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター
住所:〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15階
TEL:03-5978-7600




リンク集・リンクについて